旧学校跡地など遊休施設の利活用で、地域に活気を!

地域の遊休地・旧学校跡地等の遊休施設を、利活用。キャンプ場、イベント会場、合宿場などの事業活動で、利用者を増やし、ワーケーション需要の取り込み、マイクロツーリズム等、観光を増進させます。地域の魅力を発見、発信し、地元企業への貢献。産業と雇用を創出し、地元で働きたい人(ファン)を増やすとともに、人口流出を減らし、流入を増やします。

 

1、地域訪問者数を増やし、観光需要を拡大します。

・コロナ下のキャンプブーム

今後も三密を避けたレジャーとして定着

・ワーケーション需要の取り込み

Wi-Fi、電源、を備え、テレワークしながら休暇を取る過ごし方を提唱

・マイクロツーリズム

長距離移動による感染拡大を防ぎ、地域内の魅力を再発見する

 

2、地域の魅力を発見、創出、発信し、地元の農家・事業者を盛り上げます

 

3、アフターコロナを見据え、持続可能なモデルをつくります

・企業および学校法人の団体利用を推進

・地元と訪問者の交流機会を創出

・雇用を増やし、産業を創出

 

例)旧学校跡地×キャンプ場の利活用

旧学校跡地をキャンプ場として利活用する場合、キャンプ場の開設にかかる設備投資を抑制し、比較的短期の準備期間でオープンさせることができます。
学校には建物があり、電気、水道、トイレ等のインフラが整っていることが多く、校庭は平地で、大規模な開墾を要しません。
また、廃校を事業者へ貸し出し、指定管理を任せることで、草木の伐採作業や施設の維持管理費がなくなり、収益化につながります。
遊休施設を抱える自治体のみなさま、運動会屋へご相談ください。

※神奈川県南足柄市の旧学校跡地を利活用したキャンプ場「CAMPiece(キャンピース)」5月22日プレオープン
(2021年7月10日より正式オープン)
■CAMPiece(キャンピース)はこちら

TOP